ブログ

  1. クラウド会計って?...

クラウド会計って?

こんにちは。奈良・大和西大寺のえん税理士事務所、女性 税理士の安村です。

年末調整書類が順次税務署から届いているようです。平成28年分扶養控除申告書にはマイナンバーの記載欄が設けられています。当事務所も年末調整についてお知らせを発送しつつ、今年起業されたクライアントの皆様には個々にご説明に伺っています。

最近、クラウド会計についての問い合わせを頂くことが増えました。クライアント様でも実際にご利用されている方がいらっしゃいます。

メリットはやはりインターネットバンキング、クレジットカードとの連携により、仕訳の自動取込が可能で、入力手間が減ることです。ipad等にレジアプリを入れて、そこから日々の現金売上をクラウド会計と連携することが可能です。売上のカード決済が連携しているものもあります。入力したデータをレポートとして見やすいこともメリットですね。
デメリットで考えられるのは、預金データやカードデータを取り込むので、セキュリティ面が未知数(クラウド会計は充分に対策されているはずなので、個々の判断によります)。法人の場合、預金と連携するために銀行の手数料がかかる。帳票類の保管管理を怠ってしまう可能性があり、必ずネット環境が必要。入力に慣れている方なら弥生会計等のソフトの方が早く入力処理が出来るというところでしょうか。
当事務所はご希望に応じてクラウド会計・弥生会計等の会計ソフトどちらにも対応しております。記帳指導も丁寧にさせて頂きますので、お気軽にご相談くださいませ。
急に寒くなってきましたので、どうぞお身体にお気をつけください。