ブログ

  1. 贈与のご相談...

贈与のご相談

こんにちは。奈良・大和西大寺のえん税理士事務所、女性 税理士の安村です。

あっという間に4月も後半です。プライベートでは子どもが中学校に入学しました。こないだまで小さかった我が子の制服姿を見ると感慨深く、嬉しくもあり、少し寂しくもある今日この頃です。

さて平成27年以降に発生する相続から、以前より財産価額の合計額から差し引ける基礎控除額が下がり、相続税の申告が必要となる対象者が増加するため、相続や生前贈与のご相談を多く頂きます。よくある贈与のお話です。

お子様とご同居されている場合に、親御様からお子様へ、贈与分、ご自身の税金、健康保険料、食費等諸々の生活費をまとめて渡しているというお話をよく伺います。預金からまとめて出金があれば、使途が分かりにくく、相続時に相続財産として加算されてしまうことがあります。

ご自身の税金、健康保険料、公共料金等は口座振替にして、食費等の生活費は一般的に妥当な金額を毎月渡し、贈与分に関しては、贈与契約書を作成して親御様の銀行口座からお子様の銀行口座に振り替えて贈与をすることで、相続時にいらぬ疑いをかけられることはありません。

知らずに損をしてしまわないように、贈与のご相談、贈与税の申告が必要な場合はお気軽にご相談ください。